話題の『月収7桁中学生』のnoteとは?

キメラゴンという中学生がいる。最近話題なので御存知の方も多いかと思う。今回は彼が売り出しているnote

【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと】


を購入してみた。

website_blog.png

2019年12月頃に突然上がってきてニュースにもなったのでご存じの方も多いかもしれないが、彼はブログ等の「情報発信」で利益を上げている。
当初は月収6桁だったが、その内容についてnoteという記事の販売をしたところ購入者が殺到、月収7桁となり一躍時の人となった。
noteというのは「記事」に「料金」を設定して販売することができるシステムで、彼は過去1年間にやってきた事をまとめたものを「販売」した。
今度はその記事が売れて月収7桁の大台に載ったというわけだ。
このnoteはもちろん様々な人が出しているので彼が特殊な手を使ったというわけではない。

ブロガーが稼いでいるノウハウだったり、youtubeで登録者10万人を超える方法等、比較的価値の高いと思われる文章が有料で販売されている(と認識している)。

前評判はかなり好評で、いわゆるブロガー、アフィリエイターといった界隈の人が次々に購入し内容をべた褒めした結果、爆売れしたというように見えた。
私はnoteというものを購入したことが無かったが、今回初めて購入してみることにした。それほどまでに「大人」たちを盛り上がらせるnoteならきっとすごいことが書いてあるに違いないという希望もあった。


一通り読み終わった感想を言えば…




「まぁ、そうよね」




内容をここで具体的にご紹介するのは彼の商売の妨げになるので出来ないが、簡単に言えば一般的にブログやyoutube等で成功する為に言われていることを忠実にやったらあるとき爆発した、といったたぐいの内容であった。そもそもタイトルに『テンプレ』と入っているのだからテンプレをやったという内容は想像できるハズだ。

内容が濃いかどうかは彼のnoteに何を求めているかによって異なる。「彼が15歳にしてどうやって成功したのか」を知りたい人からすれば十分すぎる内容だが、「単純に情報発信で稼ぐ方法を知りたい」人からすればすでに広められている情報が書かれているので物足りなさが否めない。
先駆者たちが彼のnoteをべた褒めしたのは、noteの内容が画期的だったからではなく、彼が15歳という若さで自分たちと同じようなところまで登ってこようと出来ている事に感心し、同じブロガーとしての「嬉しさ」を感じた上での褒めちぎりであるように思う。
それを見た他の人が勘違いをして「これだけたくさんの有名ブロガーが褒めちぎっているのだから、キメラゴンのnoteには何か画期的なことが書いてあるのかもしれない」と思って購入した人もいると思われる。
私はブログでもyoutubeでも稼げていないので、いわゆるそういった苦労が足りないのだがいわゆるノウハウコレクターでもあったので情報は色々と集めていた。そんな中で彼のnoteを見た感想がソレだった。

彼のnoteに有料の価値が無いと言っているわけではない。価値は人によって異なる。15歳でもしっかり稼ぐことができるということを実例を持って知ることが出来たことは価値がある。それに今後も追記されるそうなのでnoteの価値は上がっていく。若い視点というのはまた新しい切り込み方をしてくる可能性を秘めている。
彼の記事は他のノウハウを書いているような記事と比較すると書き方が簡潔で分かりやすく、するすると読むことが出来た。
読み進めながら「本当に中学生?」とも思うような構成力だと感じた。

私は彼のnoteを買ってよかったと思っているし、それはnoteの内容もさることながら私自身に「気付かせてくれた」事に価値を見出した。
何はともあれ、彼はこのnoteで数百万を売り上げたそうなので、お金を得るという目的はしっかりと達成できていることは最大限評価すべきところだと思う。
これはどんな商品に対しても言える事だが、買って「思ったようなものではなかった」と後悔しても結局「買った」時点で販売者の思惑に囚われているのだ。彼はそれをとてもうまく作り上げたように思う。うまい。
うまい商売は真似しなければならない。自分の価値を売り出してそれを相手に買ってもらうという仕組み、その宣伝が成功した例の1つだと思う。
15歳という若さは大きな武器となる。このnoteも今は駆け出しでとりあえず書きなぐったというような状態(実際は纏められた読みやすい記事だが)だと思うので、今後追記・推敲されて情報として纏められるはずだ。勿論noteとしての価値は上がっていく。

若くしてお金を回すことを覚えた彼が今後なにをするのか大変興味があり、楽しみでもある。


スポンサードリンク

この記事へのコメント