2019年03月16日

潜水艦とスマートフォン (゜◇゜)

 待ち時間と言う奴はどんなモノにも付き物だ。そしてそのどれもが退屈だ。

病院で、ラーメン屋で、ディズニーランドで、立ち尽くすか座り込んで辺野古移設反対を訴える人達と同じ事をするハメになる。


彼らと違うのは待っている人々は行き交う車を勝手に止めたり通りかかった一般人に罵詈雑言を浴びせない事だ。もはや通商破壊だ。聞くところによるとテロリストですらソコまでのことはしていないそうだ。


 前回の北海道旅行http://www.syotrip.com/article/464065727.htmlの際、私は中部国際空港の8番ゲートの前にいた。函館行きの飛行機の出発までまだ時間があった。そう、待ち時間がやって来た。

普段私は待ち時間が発生しない様に行動している。正確には10分前には到着するが、私は時間にはノリシロを付ける性格なので、それを待ち時間とは呼ばない。
鉄道やバス、友人との待ち合わせには何年も遅刻したことは無い。※私が原因の遅刻はない

しかし、飛行機は別だ。
出発時間10分前では乗せてもらえない。私の手にした航空機のチケットは20分や30分前には搭乗手続きを済ませるよう叫んでいる。
さらに国際線になると120分前には来い!と語気を強めるそうだ。

私は臆病なので、1時間前には手続きを終え、ゲートの前で待つことになった。

私は何もせず時間を過ごす事に慣れていない。なので、空港を行き交う人々を呼び止めて行き先を尋ねたり、キャリーバッグの中身を全て取り出したりさせようかと考えたが、面白く無さそうなので止めた。
そしてスマートフォンを操作する事にした。当然使い方は知っている。


そこで様々な発見をした。
“この機能はなんだ?”“このマークは何の意味が?”“こんなことが出来たのか!”


前言撤回だ、2年以上使っているスマートフォンでも知らないことだらけだった。
まるで飼っていた猫が私の知らない人間の家に入り浸り、餌をもらい、ゴロゴロのどを鳴らしながらお腹をなで回されている事を知ってしまった時のようだ。


実際に最近の私のスマートフォンは猫の様に気紛れな所を見せる。突然やる気をなくし電源が落ちたり、電波が何処かに行ってしまい、画面がノイズのみを伝えてくるもある。
Screenshot_20190317-224516.png

ゲート前で私の猫をいじり回しているとバッテリーが少なくなってきたので途中で止めた。


何年も共に時を過ごした機械で全てを知った気でいた。その考えは間違いだった。

 車でも同じ事が言える。
実家の車は我が家に来てからもう5年程になるが、母はまだクルーズコントロールの便利さを知らない。前を走行している車がいればそれに追従してスピードをコントロールをしてくれるし、白線を認識してある程度は勝手に曲がってくれたりするような優れものなのだが私の母は自身の手で車を操作している。
 

 その他にもハンドルにはたくさんスイッチが着いているが操作しなければそれはただの飾りだ。クリスマスケーキの食べる事の出来ないサンタさんだ。


車ですらこれなのだ、スマートフォンでもこれなのだ。
人々は身の回りのモノをどれほど使いこなしていると言うのだろうか。


 それでも私はバッグくらいは使いこなしていると自信を持って言えると考えていた。物を中に入れ、バッグを持ち、移動して、また中身を出す。クルーズコントロールもアイドリングストップも無ければ、スマートフォンの様に見たことも無い画面が表示されることも無いし圏外になる事もバッテリーが切れる心配も無い。簡単だ、少なくとも私はバッグをそのように使っていた。しかし……。


今のキャリーバッグはどれだけ進化しているのだろう。

実は空港でキャリーバッグの中身を確かめてやろうかと思った事と関係している。


私の不倫猫がお腹を空かせていたのでどこか充電が出来る場所を探していた。するとある男が転がしているキャリーバッグに目が止まった。目にとまったのはエースラゲージ株式会社のプロテカと言うキャリーバッグのシリーズだった。“マックスパス スマート”と言う。


何故目に止まったのか、それはバッグから伸びたコードに私のと同じ様な猫が繋がれていたからだ。

繋がれた猫は充電中のランプを点灯させていた。

私はキャリーバッグの中にはモバイルバッテリーが入っており、そこからコードが出ているのだろうと思った。

しかしよく見てみるとジッパーは完全に閉じており、コードはおろか水の染み込みそうな隙間も無い。どうやらキャリーバッグそのものに猫の充電機能が付いているようだった。
その証拠にバッグのてっぺんには小さな潜水艦のハッチが付いており、そこからコードが伸びていた。
まるでシュノーケルだ。そのキャリーバッグは第二次大戦中のドイツの潜水艦、ガンメタのUボートにそっくりだった。

最高にクールだと思った。
このUボートは機内持ち込みが出来るし、メイン収納スペースとは別にフロント部分には小物を入れる独立したジッパー付きポケットも着いている。
更に使えない猫の充電を行うことが出来る。
本物と違うのは魚雷とプロペラが無く、通商破壊を行っていない事だけだろう。


どうやら私はバッグすらまともに理解してはいないようだった、そんな物が存在している等とは思いもしなかった。


この分だと私のスマートフォンは何処かで隠し子を作っているかも知れない。

IMG_20190316_175656.jpg

IMG_20190316_180051-d4416.jpg
IMG_20190316_180611-a4070.jpg
IMG_20190316_175853-ee34b.jpg
posted by 瑞翔 at 16:49| Comment(0) | まる3 レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごきんじょぐらし

近所の独り暮らしのオジジが先月末孤独死してた。
マンションとかアパートとかじゃなく、自治会のある戸建団地でのこと。発見までおよそ1週間。地方でさえこの有様。夜更けにパトカー3台やって来て隣近所に聞き込み。不審死でないと結論出るまでは御近所巻き込んで大変。二時間ドラマみたいなこと、身近で起こるんだ。部屋はエアコン暖房つきっぱなしだったとかで、(う~ん🙍)後片付けさぞかし大変だったろうな。合掌🙏

奥様が先立つと旦那は地域から孤立する。
1週間くらい見かけなくったって、付き合いなければ誰も気にしない。
旦那が先立つと奥様は俄然元気になる。外出が増えて新しい趣味に目覚める。友人が増えてみんなが体調なんかを気にしてくれる。

お蔭様で元気です。👍

斜め前に住まいするオババさま。ものすごい勢いて年末から断捨離始めた。癌を患って余命を宣言されたらしく残される家族に迷惑かからないようにと。入退院繰り返す中、婚礼タンスふたさおにコタツ、座椅子、座布団、客用布団、食器類に衣類…。その潔さ。もはや、ウチの中には何も無いのでは?と思う。で、やり切った感が体中からあふれてて、最近元気。🙌

さて先般の孤独死したオジジ、先立った奥様の分も荷物もそのままなんだろう。息子達が休みのたびにやって来ては片付けをしている。今日は運び出しのトラックも来てた。息子。というのもまたつかえないと相場が決まってるもの。みてると容易に想像できる。…家をどちらが取るかとか仏壇どーするんだとか揉めるんだろな~たぶん。

ともあれこれからの世の中、独り暮らし力がおおいに試されることになるんだろうな。
独り暮らし力なら、明らかに女性の大勝利。
おじさんたちは道で会ってもゴミ出しのときも『ご挨拶。』が、めっちゃ上から目線だもん。笑うわ。もうただのおじさんなのに。いつまで会社引きずってんだよ~。横柄な態度とってると孤独死しても見つけてもらえないよ~。と、ここまでは御近所のこと。

『おばあさんでよかった🎶』

あんな風になりたい。と思えるおばあさまと最近知り合えて、目標が出来た。長生きも悪くないな…。オカネがあればね。

しかし年齢に関係なく突然死は訪れる。明日はわが身。孤独死した母親の傍らでウチの息子達も右往左往して揉めるのかしらん?ウチもハンパないからなぁ、ガラクタの量。

さて、孤独死を見つけたおばあさまが曰く『これからはこの辺も毎朝玄関先に黄色い旗あげないといけないねぇ』ホント、ホント。
みんなでごきんじょぐらし実践。

一緒に暮らすわが家のイヌのためにも『元気でいこう!ぼちぼちと!』🐶🙋


posted by 瑞翔 at 13:12| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

伽羅

近くない博物館で催されている『醍醐寺』展に仏像仏具鑑賞へ。いつも思うんだけど、こうやって御本尊がお留守の間、知らずにお寺さんにおまいりに行ってしまって『あれ?御本尊お留守じゃん』となったときの残念さ。みんなはどう克服してるのかしらん。
このような展示鑑賞時、最近必ず音声ガイドを借りる。若い頃は美術館でも博物館でも自分の感性だけで鑑賞してた。が、…大人にはおカネがある。音声ガイドを苦も無く借りられる。そしてわかったことがある。これは、至極良い。ムダな想像しなくてもキチンと歴史と覧るべき所を教えて下さる。お蔭様で随分お勉強になる。大人には残っている時間が少ない。効率よくいこう!
今回の音声ガイドの楽しみは、『いとうせいこうさんとみうらじゅんさんのガイド』もあったこと。しかし、まわりの音声ガイドを付けてるコガネモチのオジジとオババを観察していると、明らかに聴いてない!もったいない!知らないんだ!『TV見仏記!』…わたしはコレで仏像の面白さに開眼したのに。惜しい。まことに残念。ま、大人になったら知らない事やモノにチャレンジするのは億劫だけどね。ふたりの楽しい会話を聴いて『醍醐寺展』を後に。
博物館の売店へ。どこでも似たり寄ったりの品揃え。そして!割と置いてあるお香商品!中でもここには『伽羅』が!まさか博物館で伽羅を買うヒトがいるのかしらん?因みにここの伽羅はグラム4万円也。微妙だなぁ。立地場所がら、訪日外国人が寄ってくから大陸の人たちは買うかも。この日も駅からここまで、ほぼ日本語をきくことはなかったし。
外貨獲得の為、がんばろう!
伽羅、多分使い方知らないよね…。
帰り道、薄っぺらな着物(下はシャツとジーンズはいてるから薄くても寒くない)と足指が透けて見えてる伸びてる足袋(ホンモノは伸びないし痛いだろうからねぇ)外向いてる足(つま先)でゲタや草履履いてる一団とすれ違った。着物の裾がぁ~🙌🙌🙌
楽しみましょうね、日本!
人波に疲れ果て電車に乗るとスーツケース持った人たちで溢れかえる。荷物持ったまんま空港から直行なのね。みなさん、タフ。電車の中はいろんな食べ物の匂いでイッパイ。あ、から揚げここで食べるのね。
ああ、『伽羅』の香りを聞きた~い!

posted by 瑞翔 at 10:26| Comment(0) | お香の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

韓国系底辺YouTuberの受難

こんにちはショウです


YouTubeに韓国の動画を投稿しています

世間一般の認識では「YouTuber」という事になるかと思います。
私の認識ではYouTuberとは
「YouTubeに動画を投稿してその広告収益で生計を立てている人」
なので、広告収益を得ていない私はYouTuberではなくただの動画投稿者です。

動画投稿のきっかけはとあるYouTuberに感化されたことですが、せっかく海外に居るので自分の行動記録を動画でつけてみようと考えたのが始まりです。
(海外ではむやみやたらに撮影しているとスパイの疑いで逮捕されるような国もあるので注意が必要です)

肝心の動画の内容は、主に鉄道で韓国各地を訪れ現地を観光するといった内容が大半を占めています。
最初は動画を投稿することは記録だと割り切り、チャンネル登録者なんて増える必要はないと考えていました。

ところが登録者が100人を超えたあたりから、「これだけ自分の動画を面白いと思ってくれる人がいるのなら、もっと魅せるような動画を作りたい、もっといろんな人に見てほしい」という欲求が出てきました。が、相変わらず動画のスタイルは変えませんでした。
自分が撮りたい動画、編集、やり方でなければ長く続けることはできないからです。
その結果についてきてくれる視聴者であれば、真に私の感性とマッチした視聴者ということになります。
視聴者を増やす方法はありますが、それは本来自分がやりたかったものではなくなっていきます。ですので、投稿を初めて1年半が経った今でも動画のスタイルは変えていません。


韓国という題材

ご存じの通り日韓関係はぎくしゃくしており、韓国では3/1の光復節前に日本旅行動画を上げた韓国のYouTuberが目の敵にあいました。逆に言えば、日本人が韓国の動画を上げても視聴数が増える保証はどこにもありません。
ところが実際にはコスメやグルメを中心に、韓国人YouTuberが日本人向けに数多くの動画を投稿しており、それらは日本人から絶大な人気を誇っています。が、これはあくまで一部で、そういったチャンネルもあるという認識です。コスメやグルメは比較的認知度が高く、韓流ドラマ等でも日本人の周知するところとなっており、視聴者が得やすいジャンルであると言えます。

私が投稿する動画の題材は韓国の「鉄道」がメインであり、これまで継続した投稿がなされていないジャンルという認識でした。

YouTubeで伸びる為の秘訣の一つとして「誰もやっていないこと」「自分が最初になる」という事があります。私はまさに今の韓国の鉄道を定期的に動画で紹介する唯一の日本人であると自負しています(他に居るかもしれません)

さらに言えば、海外の鉄道を紹介する日本人のチャンネルは他にもありますが、純粋に「海外の鉄道に興味がある」ファンしか視聴者が得られません。なぜならその国が日本から遠く離れた所であり、容易に行くことが出来ないからです。ところが韓国は日本にもっとも近い外国であり、日韓関係の険悪なムードと裏腹に2018年度の訪韓日本人観光客は再び増加したそうです。
これが意味する所は、鉄道ファン以外にも韓国を訪れる日本人が視聴者になる可能性を秘めているということです。

韓国にはKTXと呼ばれる韓国高速鉄道、日本で言うところの新幹線が走っていますが、これに乗車してソウルから韓国各地へ観光に向かうという行程が取れる為、多くの日本人観光客がKTXを利用します。つまり、KTXの動画は鉄道ファンのみならず訪韓する日本人観光客の目に留まる可能性が高いわけです。

大方その予想通りで、私の上げた韓国版新幹線の動画はチャンネル内トップの視聴回数を得ています。

しかしそれ以外の動画はほとんど視聴者がおらず、閑古鳥が鳴いているというのが現状です。

動画のサムネイルや内容、編集が良くない為に視聴回数が伸びないというのもあるかもしれませんが…。


視聴者を増やそうとしてやった事

結果的に増えていませんので現時点では成果が出ていません。

なんだかんだ言ってもチャンネル登録者数が増えるのはうれしいです。
それだけ社会に認められたと感じることが出来ます。

動画を投稿し始めて半年ほどは月1回程度の投稿で、内容もまとまりがなくサムネイルすら作っていませんでした。当時は本当に記録の為だけに投稿していた為です。それでも半年で30人ほどの登録者がありました。
次の半年では、動画のストックが溜まってきた為更新頻度を週1回に増やしました。するとわずかに登録者の増加ペースが上がり、100人を超えました。このころから動画に対してコメントしてくれる視聴者も現れ始めました。
ちょうど「もっと登録者を増やしたい」と思っていた時期です。
動画の内容も鉄道に限らず、各地で観光する様子等も織り交ぜるようにしました。
たまに日本で撮影した動画も上げるようにしました。
動画のストックが溜まってきた為、去年の秋頃からは1日置きに投稿するようになりました。
この投稿頻度はいわゆる成功者と言われるYouTuberの方が投稿しているようなラインです。
(投稿頻度と収益性の関係はチャンネルの性格にもよりますが、ここでは頻繁に投稿するチャンネルのラインとして考えます)
このころからサムネイルをしっかり作りこむようになりました。

この投稿頻度の変化によって確かに登録者の増加率は上がり、この半年で150人も登録者が増えました。
そして2019年3月現在は280人を推移しています。

1年半続けてこの人数です。

もっともチャンネルの性格や私の編集方法、題材、さまざまな要素がかみ合った結果です。

ここまで続けてきた感想としては
「YouTubeで広告収入を稼いで生活するなんて宝くじに当たるようなものだ」というのが率直な感想です。

有名なYouTuberはたくさんの人に見てもらう為に色々と犠牲にしているものがありますが、
私は今のところ何も犠牲にしていません。動画も自分の好きなように編集していますし、好きなものを題材にしています。視聴者のことを考えて撮影したことなど一度もありません(視聴者を意識して撮影することは心がけています)
動画を投稿する義務感等に縛られることなく、自分の好きで旅行に出かけ撮影しているのです。

ですからこれ以上何かを変えることは考えていません。何かを変えることで視聴者は一気に増えたとしても、私の継続力がなくなる恐れがあるからです。YouTuberとして成功する為に重要なことは「続ける事」だそうです。ブログ等でも言えることだと思いますが、やめてしまえばそれまでやってきたことが中途半端に終わり、はっきり言えば時間を無駄にしたことになります。

知識や経験は得られたかもしれませんが、お金にならなければ何の意味もないのです。


YouTubeの仕組み

YouTubeは、企業が動画投稿者のチャンネルに広告を貼ってもらい、その広告が視聴されたりあるいはその広告から商品を購入してもらうことで動画投稿者に広告元企業から支払がなされる仕組みになっています。

私はお金が目的でやり始めたわけではありませんが、私のチャンネルの価値が広く認められた場合、私はそのチャンネルに広告を付け、収入を得る権利を得ることが出来ます。そのためYouTubeは動画投稿者の事を「クリエイター」と呼んでいます。映像で価値をクリエイトしているのです。クリエイターは自分の作り出したものに対する対価として広告収入を得ているのです。



今後も韓国系動画投稿者の受難は続きますが、いつかブレイクしてくれることを祈りながら筆を擱きます。


私のチャンネルの動画になります。韓国の鉄道に乗って色々な所に行っておりますので是非ご覧ください
継続視聴するに値すると思われましたら是非チャンネル登録をオススメします。
posted by 瑞翔 at 18:00| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

落ちているクレジットカードは拾うべきか?

こんにちは、ショウです


クレジットカードを拾いました



外で拾ったのなら警察にでも届けてしまえばいいわけですが、
拾った場所は大きな設備の中です。

限られた人しか入ることが出来ない場所だった為、
そのまま施設に連絡することにしました。

ちょうどその日は金曜で、拾った時は15時を回っていました。

もし落とし主が土日に出かける予定だったら
クレジットカードがないと色々大変です。


まずは施設の総務的な所に連絡し、
カードに刻まれている落とし主の名前を伝えました。


すぐに本人に連絡してみたそうですが
落とし主は忙しい様子、連絡は取れませんでした。


この時私は、
私が取得したことで心無い人に拾われて
悪用されることを防いだのだ

という自己満足と
落ちた場所においていれば、本人が気が付いて
戻ってきて拾ったかもしれない

という事を考えました。


もし後者で、私が拾わずにそのままにしておけば
すぐにカードは落とし主の元に還り解決、となったでしょう。
心配によるストレスはすぐになくなります。
仮に落とし主が気づいてカードを拾うまでの時間を10分とします。

私が取得した為に
カードが落とし主に還るのが遅れることとなり、
ストレスが継続してしまうことになります。
仮に落とし主にカードが戻るまでの時間を3時間とします。

そしてかたや10分の精神的疲労、かたや3時間の精神的疲労に見舞われます。
これは大変なロスであり、その間落とし主は仕事に身が入らないでしょう。
(切換のできる人であれば問題は小さいかもしれませんが、仮に私が落とし主
 だった場合、その日は仕事になりません)ぉぃ


この二つを比べると私が拾わなかった場合の方が落とし主の幸福度が高いことは明白です。
心無い人に拾われない事が前提ですが…



結局その日の内に落とし主との連絡は取れず、
残念ながら落とし主は週末をクレジットカードなしで過ごすことになったようです。

私が良かれと思って取得してしまったことによって、落とし主の
週末が不安と自己嫌悪の念に駆られることになってしまったのではないか。

週末はカードの停止と再発行手続きに追われていたと思うと、
拾った私は良い事をしたのか悪い事をしたのかわかりません。

勿論、心無い人によって悪用される心配から免れた点においては
良かったのかもしれません。
(最近のクレジットカードは本人が使用していないことが証明された場合は
 それらの負担をする必要がないシステムもあるようなので、私がしたことは
 本当に意味がなく落とし主の週末を奪っただけかもしれません)


結局そのカードが落とし主に戻ることはありませんでした。
再発行したのでしょう。



一見正しい事をしたように見えて、実はしなかった方がよかったのではないか。

そんな風に思う事ってたまにありませんか?



※もし外でクレジットカードが落ちていたら、迷わず拾って交番等に届けることをお勧めします
posted by 瑞翔 at 18:00| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする